FC2ブログ
 
■プロフィール

keiji117

Author:keiji117
そろそろHMをいじろうかな・・・。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■FC2カウンター

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
アルミホイール、マグホイールの重さ


純正アルミホイールやマグホイールの重さについて12年前に記述しています。

http://keiji117.blog51.fc2.com/blog-entry-261.html

簡単に言うと、
96用の純正は前期用も後期用も 13インチで 5.95kg 
クロモドラのAタイプは14インチで5.50kg。13インチだと4.35kgです。
カンパの101は 14インチが5.3kg、13インチが4.27kgです。

で、その当時、スカッキェーラの重さがわからなかったのですが、
さきほど実測しましたので追加しておきます。

メルバのスカッキェーラ
14インチが7.1kg 13インチが5.7kg

いろいろ検索していると、
USAの特許資料がありました。
特許期間は14年と書かれているみたいです。
普通は20年らしいのでなんか変ですが、
いずれにしろもう切れてずいぶん経ちますね。


スカッキェーラ特許b871773dbba9719cf807ff4fc48e2900 - コピー





未分類 | 10:15:06 | Trackback(0) | Comments(4)
鈑金塗装のお手伝い


久しぶりにボディワークです。


IMG_3141.jpg

最終的には全面塗装の予定ですが、
今回は2面だけ塗りました。
このあと乗って帰らねばならないので塗装は午前中に終了。

これまで自分はメタリックしか塗ったことがなかったけれど、
今回はソリッド。
途中で一回磨きを入れてみました。
3回塗って磨きまた3回という感じです。
暑い時期なのでどうしてもざらつき気味です。
まあ磨けばOKとは思います。

初めて吹いたというクーペ乗りの方ですが、
すぐに慣れてこの腰の入った姿勢いいですね。
























他クーペ関連 | 10:30:18 | Trackback(0) | Comments(8)
メッキの磨き


メッキが薄くて
錆が回ってしまっています。
こういうのは、これまで手を付けなかったのだけれど、
アルミホイールの磨きの経験から磨いてみました。

初めに磨く番数をどうするかですが、
錆が結構きついので150番にしました。










IMG_3004.jpg

錆の凸凹がなくなるまで磨き切ります。
150番だとそれも楽でした。










IMG_3005.jpg

あとは番手を上げていくだけ。
これはすごく楽で、
240番と600番をしてこれ。











IMG_3006.jpg

1000番と2000番をしてこれです。

だけど勘違いをしてはいけないのは、
表面のメッキはとれてしまっているということ。
地金が出ている状態のこのままだとすぐに錆びそうです。
クリア塗装するのがいいと思いますが、
屋内使用ならこのままでもある程度持ちそうですね。













車以外の修理 | 18:05:55 | Trackback(0) | Comments(2)
6億手以上の読み
将棋の棋聖戦ですが、
17歳の藤井7段が先に2勝してしまいました。
将棋の内容を見ると恐ろしいです。

持ち駒の銀を自陣に打った手が、
2020年の世界コンピュータ将棋オンライン大会で優勝した将棋ソフト「水匠2」に
4億手読ませた段階では5番手にもあがらず、
6億手読ませると,突如最善手として現れる手だったということです。

もっと言うと、
立会人の屋敷9段がリモートで解説者とやり取りしている中、
銀を打ったということまでわかっても、
盤面上どこに打ったかわからなかったぐらいです。
屋敷9段といえば、最年少タイトル獲得者として名前が残る、
「お化け屋敷」といわれたこともある強者です。
その強者ですらこの状態ですから驚きですね。

明日から別のタイトル戦である王位戦が始まります。
これは2日間かけて戦う長期戦。
楽しみです。
















未分類 | 14:13:15 | Trackback(0) | Comments(2)
最年少タイトル挑戦
昨日は一日中パソコンの前でした。
各4時間の持ち時間なのに、
LIVEで解説付きの将棋中継を見られるなんて
これまでなかったし、あっても見なかったと思います。
持ち時間が4時間だと、
1時間以上一手も指されないときもあるわけで、
見ていられないというのがこれまでの正直なところ。

しかし、藤井7段の対局はそういうことがありません。
読みの深さに解説も追いつかない、
AIの評価値も揺れ動く緊張感
対局相手も最新の研究をぶつけてきます。
何に感動しているのかわからないのですが、
涙が出てきました。
年のせいかもしれませんね。





で、早速月曜日からタイトル戦が始まります。
楽しみです。











未分類 | 08:47:35 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ