FC2ブログ
 
■プロフィール

keiji117

Author:keiji117
そろそろHMをいじろうかな・・・。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■FC2カウンター

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
HM 86 燃料ポンプ
さて、燃料タンクは修理したものに交換できました。
しばらく始動してなかったので、
エンジンオイルをカム山などに垂らそうとヘッドカバーを外そうとしたのですが、
液体パッキンで固めてあるようで外れません・・・。
これどうしたらいいんですかね?
切るしかないんでしょうけど・・。

仕方なくそのまま始動しました。
が、スタータは回るんですが始動しません。

プラグの様子を見るとすすけてますが、濡れてません。

燃料系の確認をします。
電磁ポンプはカタカタ言ったままです。
燃料が来てないのか電磁ポンプが逝かれているのか?

透明ホースがあったので、それを燃料タンクからのホースにつなぎ口で吸ってみました。
すると急に燃料が出てきて、透明ホースの30CMぐらいはあっという間で、
ガソリンを口に入れてしまいました・・。あいたた。

燃料タンクからガソリンはすぐ近くまで来ていることはわかりました。
もういちどホースをつないで始動しようとすると、
今度は電磁ポンプのカタカタは止まりかけています。

今度こそという感じで始動しましたが、やはり始動しませんでした。
ソレックスの燃料の配管を外すと全く燃料が来ている気配はありませんでした。



このエンジン、電磁ポンプの先に機械式ポンプがあって、
その後ソレックスに行ってます。

機械式ポンプの入り口でホースをはずし電磁ポンプを動かすとガソリンは出てきます。
機械式ポンプの出口からは出てきません。

機械式ポンプは単に経由しているだけと思っていたんですが、
これが抵抗になっているみたいです。

機械式ポンプの中がどうなっているのか外して分解しました。
5本のビスを外すと機械式のレバーでゴム板が動き、
金属の蓋が開閉することになってました。
で、一つの金属の蓋が固着していたようで、
ドライバーの先で軽く押すと動きました。

で、今度はしばらくスタータを動かすと始動することが出来ました。パチパチ。

ということで、この燃料の配管は電磁式と機械式のポンプが直列につながっているんですが、
結局どちらが役に立っているんですかねえ?









スポンサーサイト





HM | 23:32:06 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
機械式は不要です。直接、電磁式ポンプをキャブに接続して問題ありません。
2015-05-05 火 06:24:57 | URL | リバー [編集]
リバーさん>と自分も思うんですが、機械式もつながっている場合、機械式がリードするんでしょうねきっと。配管の材料など用意しないと機械式を外せないし、まあいいかと。
2015-05-05 火 22:22:14 | URL | keiji117 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する