FC2ブログ
 
■プロフィール

keiji117

Author:keiji117
そろそろHMをいじろうかな・・・。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■FC2カウンター

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
HM36 ラジエターキャップ
 公道をしばらく走っていないので、2回目の仮ナンバーをとりました。まあまあの調子でよかったのですが、ちょっと心配なことが起こりました。
 もともとサブタンクに圧力調整のついたキャップがつき、ラジエター本体にはキャップだけのものがついていたのですが、逆なんじゃないのかと付け替えてみました。
 すると、ラジエターキャップからLLCがあふれ出してしまいました。

IMG_0320.jpg


 どちらが正しいんでしょうか?
たんにキャップがヘタっているだけのような気もするんですが・・・。
スポンサーサイト





HM | 14:38:14 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
多分
ウチのPAのラジエターキャップの頭はノッペラボウで何も有りません。
 ではそのキャップの上に有るボタンは??キャップを外す時に内圧を抜くリリーフバルブみたいなもんじゃないですか?
 よってクーラントが漏れるのはパッキンの割れか圧力スプリングが弱っているかだと思います。
 
2006-10-15 日 20:06:03 | URL | 樋口 [編集]
理屈は知りませんが、サブタンクにボタンの付いたキャップが付くのが正解です。いままで見たHMはそうなってましたよ。
2006-10-15 日 22:04:03 | URL | kanican [編集]
 96は普通ボタンはついてないですね。黄色のシールが張ってあると思います。そして下に圧力調整のバネがついていますね。
 HMはこれが純正なのかわかりませんが、ボタンがついたほうには圧力調整のバネがその下についていますが、もうひとつのボタンなしは、ほんとにキャップだけで、下には何もついていません。
 kanicanさんありがとうございます。元に戻そうと思います。
2006-10-15 日 23:39:15 | URL | keiji117 [編集]
 浜名湖ツーリングで埼玉のB自動車、工場長とお会いできましたので、
この件について聞いてみました。
リザーブタンクに圧力調整のキャップが付いているのは、液面に圧力をかけようという考えからだそうです。しかし、リザーブタンクはプラスチック製で古くなっているので、そこへ圧力をかけるのは不安があります。
工場長のHMもラジエター本体の方に調整のキャップを付けているそうです。
「でも、それをやって、液漏れした方がいるのですが・・・」と言うと、
それはキャップと密着する部分、反り返った部分が変形して密着が悪くなっているからでは?ということだそうです。
注意深く見て、その部分を叩いて整形してやれば直るそうです。
2006-11-15 水 04:47:48 | URL | kanican [編集]
 覚えていてくださってありがとうございます。
 ボタンつきにはチェーンがついています。その取り付き先のような穴がラジエターにあったので、つけ方がおかしいのかなとも感じたわけです。しかし、サブタンクにつくものであることはわかりました。
 あと、ラジエターにつけるとき、サブタンクに行くホースを取り付ける管のでっぱりが気になるところです。圧が上がっても蓋が開かないような形で邪魔になりそうなのです。うーん単純なのに深いですね。(^^
2006-11-15 水 19:19:44 | URL | keiji117 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する