FC2ブログ
 
■プロフィール

keiji117

Author:keiji117
そろそろHMをいじろうかな・・・。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■FC2カウンター

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ボディカバーの色々

クーペを保管しておくのには
どうしてもボディカバーが必要です。
屋根の下でも埃だらけになりますからね。

それで、売り文句にひかれていろいろ買いました。
ほとんどが期待外れ。
中には1か月もしないうちに破れるものもあります。
価格に品質が比例するかと思うと大間違い。
(同じメーカーなら比例はすると思いますが)

業者に文句を言う気もないけれど、
広告をよく見ると、
カバーが傷んでも当たり前のような書き方がしてあります。
その分、車が傷まなかったのだからいいではないか、とか。
完全に居直っていますね。

せめて数年はもってほしいと思うのは無理なことなのか?



IMG_2537.jpg

これは表面がタフタとかいう樹脂です。
生地は結構分厚くて、買った当初はおぉという感じですが、
すぐに表面がパリパリ。












これはnonwovenとかいうもの。
要は生地として編んでいないということ。
つまり、糸くずを寄せ集めただけ。
だから、数か月でボロボロに生地全体が崩れてきます。
特に太陽光にあたったところはひどいことに。

写真ぐらいになると手で簡単に破れてしまいます。
破れ方も直線状ではなく全体が崩れる感じになって、
綿をちぎる感じですね。










IMG_2538.jpg

これは確信犯。
表面に編んだ繊維のような印刷がされています。
すぐにその印刷も擦り切れていますから驚き。










IMG_2539.jpg

これは10年ぐらい前に買ったもの。
実際に繊維で編んでありました。
その生地が表面から傷んできて一枚目は擦り切れてしまっています。

せめてこれくらいもってくれればなあと思いますね。












スポンサーサイト



未分類 | 00:31:48 | Trackback(0) | Comments(5)
XC-L 187 現状

XC-Lは夏場に乗るセカンドカーの位置づけでした。
というのは、XCのエアコンが壊れていたからです。

夏はXC-L、冬はXCという感じで乗り分けていました。

だけど、XCのエアコンは自分でやってみると、
単にガス抜けだったので、ホースのつなぎ目を増し締めして
真空引き、ガス補充ですぐに修理出来てしまいました。

だからXC-Lは約2年前に車検を取って以来乗らずじまい。
昨年末にはナンバーを切れという命令があったので、
いま、ナンバーなしです。



10年前に全塗装した車体の現状はどうかというと・・・



エスティマに当てられた跡。
いつでも修理できると思うとほったらかしになる典型ですね。









IMG_2323_2020022121184673b.jpg

ルーフ後端は錆びているわけではなく、
パテ下から塗装がめくれている状態。

錆封じを使いましたが、それの影響だと思います。
パテとの相性が悪いんでしょうね。
もう絶対使わない。








IMG_2324.jpg

ここも。
ちょっと上の部分は新たに塗装が浮き出しています。
浮き出しているところは以前何もなかったところ。










IMG_2325.jpg

ここもパテ埋め部分が浮いています。
下の黒いシミは洗えばとれる感じ。
2年間ボディカバーで露天ほったらかしだとこうなりますね。

全体的にみれば、
切り貼りした部分はほぼ無傷。
やっぱり錆は切り貼りしないとだめなんだなあと
思いました。

で、この春にXC-Lを全塗装しようかなと思っています。

フロントフェンダーの板金塗装をしたいという方の
お手伝いもあるのですが・・。












XC-L | 21:47:16 | Trackback(0) | Comments(6)
MOVE メータパネルの電球

MOVEのエアコン操作のパネル電球が切れていたので、
交換しようとするとクーペでは使われていないものでした。

それで、同じようなものを買ったんですが、
どうしても取付穴に入りません。

買ったのはkoitoのものなので、
造りが悪いというわけではないです。
規格が微妙に違うのでしょうか。

IMG_2564.jpg

仕方がないので電球だけ交換します。









IMG_2565.jpg

取り付け部分から外していきます。









IMG_2566.jpg

外れました。
これをついていたものに巻きなおすだけ。









IMG_2567.jpg

千枚通しより押しピンが使いやすかったです。











MOVE | 23:36:38 | Trackback(0) | Comments(4)
将棋の楽しみ

王位戦の挑戦者決定リーグ
羽生善治九段対藤井聡太七段
藤井聡太七段が勝ちました。

なんだか千代の富士と貴乃花の一戦を思い出し、
寂しいような、頼もしいような、
将棋の内容も含め、感動するものがありました。



デビュー以来29連勝とか、勝率8割越えとか話題に事欠かないけれど、
自分が思うのは、将棋内容や指し手に華があるということ。
また対局を見てみたいという気にさせるということです。


ユーチューブには「神の一手」みたいにまとめたものもあり、
またその手をAIがどのように評価しているのかといったことまであがっています。

いずれにしろ、
今将棋界は30年に一度あるかないかの時期にあると思います。
そんな時にじっくり将棋を見ていられることに感謝。
よかった。








未分類 | 23:25:43 | Trackback(0) | Comments(0)
ボンネットゴムの交換

ボンネットゴムが古くなり硬化すると、
ボンネットのガタつきだけでなく、
オープナーにボンネットが反応しなくなります。

で、交換するわけですが、
ゴムだけ交換すればいいのに
つい土台ごと交換しようとしてしまいます。

サイドのものは、はみ出た裏の先が錆びて固着しています。
特に一番手前のもの。
案の定、舐めました。









それで、
固定用の六角ネジで引き上げられないかと無理に回すと
これもまたねじ山がつぶれて、
上の部分にへばりついたままになります。
で、仕方なくバイスグリップで回します。

バイスグリップはHCで安いものだと500円ぐらいであるんですが、
これをずっと使っていて、
次に一流メーカーのもの(といっても3000円ぐらい)を使うと感動します。
全然違う。

ぜひ感動するために500円のものをしばらく使って(これも結構使えます)
あとで一流のものを使ってください。









IMG_2529.jpg

なかなか抜けなくて、
ラスペネを使い、
何回も行き来させてやっと折れずに抜けました。

あれ?










IMG_2530.jpg

素直に抜けたものと長さが違います。
はみ出た部分が長いだけ錆びた部分も長く、
抜けにくかったということですね。

なかなか裏に手が入らず
はみ出た先をワイヤーブラシでこすることが出来ないんですよね。









IMG_2531.jpg

タップしないと、
無理に回してねじ山が傷んでいそうです。










IMG_2532.jpg

長さの短いものに揃えました。
加えてはみ出そうなねじ山の部分に
グリスを塗っておきました。










IMG_2533.jpg

いい感じ。
よかった。

同じような作業工程を踏む方が多いと思います、
どうでしたか?









XC | 14:21:42 | Trackback(0) | Comments(2)
おみやげ ネジチョコ ココア



世界遺産に登録されている「官営八幡製鐵所」
こんなお土産を売っているそうです。
「ネジチョコココア」

製鉄所つまり鉄の街だから、
ネジの形のチョコなんだと思っていたらもっと深いです。


ココアの粉がついていて、
それが錆を表しているとか・・。
驚いた・・・。










IMG_2556.jpg

錆がついていても
うまく締め込めるんですね。











未分類 | 00:09:01 | Trackback(0) | Comments(4)
EC36 タイヤ1本だけ交換

14インチの少し傷んだタイヤですが、
ECの、へちゃがってしまったタイヤと交換することにしました。



ホイールナットが固くて手で回りません。
真ん中を支えて足でけって緩めました。
このジャッキ大活躍。










IMG_2550.jpg

今度は少し学習して、スパナを挟み込みました。
ま、なんでもいいんでしょうけど少し長いもの。

あらら、1回でビートが落ちて驚き。
何でもやってみるもんですね。
これなららくちんですから、
これからも手組しようという気になってしまいます。













IMG_2551.jpg

タイヤレバーの扱いにも2本目にして慣れてしまったのか、
硬かったけどあっという間に外れました。










IMG_2552.jpg

組むのもあっという間。











IMG_2553.jpg

エア入れるのもあっという間。
チーターとか要るのかなと思ったら全く必要なし。
で、さっそく取り付けました。
よかった。











EC | 22:28:02 | Trackback(0) | Comments(4)
ビード落とし

カローラのタイヤを中古の上物に交換したのはいいんですが、
傷んだものの処分をどうするかです。
タイヤは14インチなので、
長期保存で傷んだHMのECのタイヤに使おうと思いました。

それで、格安で交換してくれるところに聞くと、
外すのと入れるのが別のホイールになるので、
2本分の費用が必要だとか言われました。

それで走るわけでもないので、
自分で出来ないのかな、昔は手組みやってたよなと思って、
ユーチューブを見てみると参考動画がいろいろありました。

今手元にある道具で大げさでなく、
何とかなりそうなものを見てみるとジャッキを使うといいらしい。



さっそく適当な間隔をブロックなどで作って
圧縮します。
思いの外、ビードは落ちません。
5回ぐらい場所を変えて圧縮してやっと落ちます。
表裏があるので1本当たり10回の圧縮。
疲れました。が、いい運動になりました。










IMG_2542.jpg

タイヤレバーは買いました。
長いものが2本と短いものが2本。
全部で3000円弱。
ビードクリーム800円ぐらい。
元を取るためには最低1台分は自分でやらないといけませんね。












IMG_2543.jpg

タイヤが2019で新しくビードが柔らかかったので、
ホイールから外すのはすぐにできました。

次は古いタイヤを外せるかですが・・

続く・・











未分類 | 22:12:51 | Trackback(0) | Comments(2)
タイヤホイールの破損

昨年、車検を受け、
タイヤ新品交換、ドライブレコーダー装着などをさせていただいたカローラですが、
縁石にぶつかったとか・・。



左下の部分リムがめくれています。







IMG_2535.jpg

タイヤも削れています。

これぐらいなら大丈夫と思いますが、
車のことをあまり知らないと非常に不安だと思うので、
タイヤとホイールを交換することにしました。


まずヤフオクですが結構高い。スチールホイールが安くて1本3000円ぐらい。
それに表記がいい加減でオフセットが明記されていないなど
合うのかどうかよくわからないです。

それで、スチールの新品ってどれぐらいするのか聞くついでに、
「10年前のカローラのスチールホイールなんか裏に転がっていますよ」
というような返事が聞けないかとディーラーに電話しました。

こちらの気持ちを無視し、
1本2万円とか、新品しか扱っていませんと一蹴されました。

中古しかないし、
ヤフオクしかないかといろいろ検索。
まずカローラでも型式でオフセットが結構変わっている、
だから単純に14インチだけではダメとわかりました。

あるwebページに詳しく変遷が載っていたので、
数種類の型式の候補がわかり、
やっと買えるホイールが見当付きました。
送料込み2970円

次にタイヤです。
2019年のヨコハマエコス185-70-14
送料込み2871円
組み込み1100円

というわけで7000円ほどかかってしまいました。














未分類 | 22:51:56 | Trackback(0) | Comments(0)
XC フロントハブベアリング グリス交換

フロントハブベアリングの交換は車検時にされると思います。
車検は自分でやっているので、
自分でこれも交換しなければならないんだけど、
手がグリスまみれになるので、億劫なのです。
交換しなくても車検に通るし、つい先延ばしにしてしまいます。
で、いくら何でもそろそろしないとというわけで、
重い腰を上げました。

IMG_2505.jpg

センターキャップを外すとこんな感じでした。
グリスが焼けてますね。
大丈夫かな。










IMG_2506.jpg

キャップ側のグリスはひび割れています。
結構交換してないですね。










IMG_2508.jpg

キャリパーをベースごと外して針金で釣っておきます。
ブレーキホースに負担をかけてはいけないらしい。










IMG_2520.jpg

外したボルト。
結構堅かった。









IMG_2509.jpg

バックプレートは錆がこびりついています。
ブレーキダストと一体になってますね。









IMG_2526.jpg

ワイヤーブラシなどで錆を落として、シャシーブラックを塗りました。










IMG_2525.jpg

スピンドルの上下の部分を少し塗装しておきました。











IMG_2527.jpg

中央のナットは一回強く締めてからいったん戻して、
手でしっかり締めるといいトルクになります。
昔、本にそう書いてあったけど心配で
バネばかりでトルクを実際に確認しましたが、ばっちりOKとわかりました。











IMG_2513.jpg

今回使った王具はこんなもん。
グリス交換の写真はありません。
手がグリスだらけでとても写真を撮れませんでした。





 

XC | 16:26:18 | Trackback(0) | Comments(4)
XC ヘッドライト 電球をLEDへ変更
IMG_2433.jpg

純正はシールドビームで、球が切れたら本体ごと交換するタイプでした。
それは早々と卒業してH4バルブのハロゲンにしたのが上の写真です。
結構明るくなったので、当時はよかったと思いました。

だけど、最近の車のヘッドライトの明るさには驚きます。
後ろから照らされると自分の車の影が前に出来てしまいます。









IMG_2435.jpg

で、HIDですが高いし場所とるしで、躊躇して十数年。
新たにLED電球が出てきました。
何しろ驚きはH4ハロゲン電球と付け替えるだけ。
また安い。










IMG_2436_20200211203157d7d.jpg

色は白色になりました。
光軸は自宅での簡易測定ですがOKです。












左右で交換前と交換済。
実際に夜走ってみると、その明るさに感動しました。
よかった。









XC | 21:28:12 | Trackback(0) | Comments(4)
ふすまの張替え
家はもう20年になります。
改めてみてみると、ふすまが黄ばんでいることに気が付きました。
ふすま紙はHCに行くといろいろ売っています。


IMG_2335_20200210144615b50.jpg

このふすまは裏が洋室用なので通常のものとは違います。
だから、枠に合わせて最後に切るだけ。
縮むことあまりもありません。










IMG_2333_20200210144616b10.jpg

取っ手部分は上下に小さい釘が打たれているだけ。
それを抜けばすぐに取れます。
これは新品にするのがいいのかもしれませんが、
真ん中部分のシルバーが剥げているだけなので、
カースプレーで塗りました。












張り合え後、取っ手の部分に穴を開けて、
シルバーを塗って見栄えが良くなったものをつけました。
これが4枚
あと、通常のふすまが2枚。
通常のふすまは枠を外して貼れば簡単。

後日、ふすまや畳の張替えのチラシがはいってました。
HCのふすま紙の値段ぐらいでした・・。

これって儲かっているんですかね。
あるいは、実際に頼めば気に入った柄とかに目が移り、
結局は高いということになるんですかね。











車以外の修理 | 15:07:23 | Trackback(0) | Comments(0)
XC-L 186 プロペラシャフトの手入れ

庭に2年間ほったらかしになっているペラシャ。
見苦しいので手を入れてから倉庫にしまうことにします。

IMG_2332_20200209090838dea.jpg

砂汚れなどを洗ってから、
センターベアリングのカバーを取って、
ゴムの周りの鉄板の交換。
錆びているはず。











組んでからシャシーブラック塗装。
車の整備って掃除が多いですね。










XC-L | 09:51:07 | Trackback(0) | Comments(0)
オイル漏れ

MOVEの駐車している区画にオイルの跡があります。
そんなに多い量ではないけど、汚いのでどこが漏れているのか見てみました。

IMG_2318.jpg

ターボの配管部分、もっと上からかな?







IMG_2336_20200208215939e11.jpg

ネットで調べると定番はオイルエレメント部分らしい。
だから、まずここをしっかりさせてみようと思いました。
ネットで調べてOリングとかワッシャーとかエレメントを購入して
エレメントを外すと、
同じMOVEと思っていたものと仕組みが違って、
買った部品がいらないということになってしまった・・。

エレメントは交換しました。
少し様子を見てみます。










MOVE | 22:37:19 | Trackback(0) | Comments(0)
車検40年目
年末のことですが、車検を受けました。
1979年式なので丸40年です。新車で買いました。
通勤で使っていた時期もあったので、
走行距離は40万kmを5000kmほど超えてます。
月まで走ってしまいました。



IMG_2343_20200207173730cae.jpg

年末ですのでガラガラ。











IMG_2344_202002071737306a2.jpg

それで、初めに灯火類のチェックがあるのですが、
「助手席側のハイビームが点いていません」とか
「スピードメーターメーター検査とかもできませんので出来るものだけしてください」
とか言われてしまった。

点検したときは点いていたので驚きました。
急にそんなことになるんですね。
本来許されないかもしれませんが、
その場で配線をゆすると点いたので接触不良でよかったです。

その間にも記録簿にはバツ印をつけられてしまっていました。
ちょっとぐらい待ってよね。

あとはすべてクリアーでもう2年乗れることになりました。
よかった。













XC | 17:56:48 | Trackback(0) | Comments(4)
接触事故12


上塗りはあっという間です。
ルーフの塗装をするためのマスキングに一番時間がかかりました。
それで、出来上がりがこれ。



バンパーですが、下の方の真ん中のバーは塗りませんでしたが、
ほとんどわかりません。










IMG_0332.jpg

まあまあ光っているので、塗りっぱなしで磨きなしです。
ヘッドライトは黄ばんでいたので、磨いてから
マルチコートクリアーを吹きました。
位置関係も修正しました。









IMG_0329.jpg

ルーフのスポイラー








IMG_0330.jpg

それからルーフ。
きれいになってよかったです。










MOVE | 08:45:04 | Trackback(0) | Comments(2)
接触事故11

さていよいよ修理です。
塗料代は1万円位でした。
他のものは全部手持ちであります。


IMG_2307.jpg

塗るときは単体にして塗るのですが、
固定されていた方が手を入れやすいのでつけたまま手を入れました。







IMG_2313.jpg

パテ付け研磨です。
もう一息。








IMG_2308.jpg

ルーフのスポイラーは上の方にあって手を入れにくいので、
外してから磨きます。






IMG_2312.jpg

まあこんなもん?
クリア剥がれだけなので磨くだけです。
だけどこのパープル色、ブルーの色粉がすごかったです。









IMG_2302.jpg

困ったのがライトのステー。
はじめひびが入っているだけだったので、
そのままでもいいかと思っていたのですが、
ボディの取り付け部分の修正に何度も合わせていると折れてしまいました。

こういう時はプラリペアを使っていますが、
探してみると液体がなくなってしまっていました。
これ結構高いので、何とか安くできないかなということで、
考え出したのが穴を開けて針金で固定する方法です。
穴はゼムクリップを熱すればすぐにあくし、
針金も手元にあるのでOK。
8個の穴を開けて4本の針金で縛りあげるとかっちり固定できました。
よかった。












MOVE | 07:44:29 | Trackback(0) | Comments(0)
接触事故10

また1週間がたち、
どうなったのかと思っていると、あっさり8:2となったということです。
こちらに振り込まれる金額は14万の0.8で11.2万円。

これまでの数か月、この長い期間の元凶は初めの担当者だったので、
どうでもいいのですが今そこにいますかと聞くと、
家庭の不幸でしばらく休暇をとっていますとのこと。
本当かどうかわかりませんが。


さて、やっと保険屋との話が終わり、
気持ちも修理をどうするかになってきました。

まず必要なものはカラーP10の上塗りです。
フロントバンパーだけでなく、
リアスポイラーのクリアの剥がれやルーフの色はげが見えてきたので、
それらも一緒に塗ることにすると、500gか700gくらい必要です。
これまで、通販で買っていたんですが、
近くの塗料屋で用立てできるに越したことはないので、
ネットで近くの塗料屋を探して問い合わせをしました。

すると、ことごとく4kg(つまり1台分)でないととか、
調色はしていないとか、
ロックは扱っていないとかでした。
まあ、需要のないところに供給はないということなのでしょうね。

どうせ通販ならということで、今まで買ってきたところに頼むと、
あっさり対応してくれました。
翌日には届き、素晴らしいです。
さすが有名どころですね。

それでやっと作業に入ります。
現状は・・

IMG_2295.jpgIMG_2297.jpg
IMG_2308.jpg

続く・・・









MOVE | 10:46:12 | Trackback(0) | Comments(8)
接触事故9

第3者機関に調査依頼をするという話のあと、
しばらくたちましたが連絡はありません。
どうせ第3者機関といったって、
「こんな単純な事故の検証を、どうすればいいの」
という感じだろうし、
保険会社のお金でやっていけてる機関ですから、
保険会社の傀儡だろうなあと思っていました。

やっと、1か月後くらいに、
またまた驚く予想外の電話がありました。
「過失割合、やはり8:2でないとだめでしょうか」

話によると第3者機関での検証は、
相手のおばあさんが拒否したので出来なかったということでした。
何で拒否したのかはわからないし、
そこは大事なことではないということです。

それより、やっと少し話ができる感じになってきたので、
どこまでこちらが譲れるのか確認しておきたいということでした。
思いは10:0だけど、まあ前例の8:2が限度というしかないですよね。
というわけで、8:2で納めるつもりですね。

あと全損扱いの14万円ということも確認されました。
車検残の費用とかもそれに上乗せできるのではというと、
「まあそれは話の余地がありますけど・・」と、いやそうな感じだったので
残の期間も数か月だし、実際は乗ってますから目をつぶることにしました。

いよいよ解決に向かう気がしてきました。

続く・・・








MOVE | 17:11:25 | Trackback(0) | Comments(2)
接触事故8
もう事故から数か月、自分が対応してからも2か月近く経っています。

前回の電話でそんなことするのかということにまで踏み入っているので、
いよいよ解決するのかと思っていました。
しかし、そうはいかなかったみたいです。
車両保険の掛け金を払うことに同意されないということでした。

向こうの修理代が30万円位らしい。
だから、2:8 だと自腹が6万円
8:2でも車両保険がついていたとすると
その保険代はカローラなので3万円ぐらい。
計算間違っているんですかね。すごく得すると思うんですが。

というわけで、なかなか保険屋さんの思いは通じず、
解決の糸口がないみたいです。

それで、今回の電話ではこういう提案がありました。
「事故をはじめから第3者を交えて検証しなおす。」

やっと自分たちだけでは解決できないと
両手を挙げたということなんだと思います。
これまではミスった担当者の周りのものだけで
処理するつもりだったんでしょう。
まあ口だけかもしれませんけど。

もちろんいくらでもやってくださいというか、
まだやってなかったのかということで、
了解しました。
あと、車の修理は自分でやるつもりだったので、
もう事故後を保存しておかなくてもいいか確認しておきました。
どうせ全損扱いなので関係ないかとも思いましたが。

続く・・・







MOVE | 09:53:00 | Trackback(0) | Comments(0)