FC2ブログ
 
■プロフィール

keiji117

Author:keiji117
そろそろHMをいじろうかな・・・。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■FC2カウンター

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
接触事故5
翌日、予告時刻きっちりに電話がありました。
わかっている人だなあと安心しました。

それで、
まず入庫と出庫のとらえ違いの謝罪から始まるのかと思っていると
全く違いました。

まず、違う判例をはじめに送ってしまったことはそれを基にしたのではなく、
後で送ったものも送るつもりが抜けていたというようなことを言ってきました。
つまり、間違ったとらえ方をしたわけではないと言いたかったのでしょうね。

たぶん事故報告書も送ってきていることが通じていなかったんだと思います。
だから、事故報告書のこと言うと一転、謝罪に変わりました。

次は事故時、後ろを見ていなかったと子供が言っていたということです。
つまり、不注意があったということを言いたいのでしょうね。
それは知らなかったので、後で聞いておくことにしました。

それから、前に担当者から子供に過失割合について電話した時、
はいわかりましたという返事をいただいているといわれました。
最近は書類にハンコをついた時点ではなく、
電話で了解した時点で示談交渉は終わるらしい。
だから保険屋さんからいえば、この事故は終わった事故らしいです。

これは始めに入庫出庫のとらえ違いをしていたということがあるので、
やり直ししなければならないのではないか、
また、はいわかりましたは了解ではなく
言われていることの内容はわかったということで、
納得していないから今電話で話をしているのではといっておきました。
勝手に納得したように受け取った担当者にまた責任をかぶせました。

入庫している旨の合図をしているかにアンダーラインをひいてあったので、
そのあたりの確認から始まるかと思っていると、
その話は全くなく、相手の保険屋さんと相談しなければならないのでということで、
また電話するということでこの日は終わりました。

続く・・・







スポンサーサイト



MOVE | 22:51:24 | Trackback(0) | Comments(0)