FC2ブログ
 
■プロフィール

keiji117

Author:keiji117
そろそろHMをいじろうかな・・・。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■FC2カウンター

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
接触事故7
こんな単純な事故について
過失割合の決定にいつまでかかるのかと、
また腹が立ってきました。

子供も初めての経験の事故で、
なかなか解決せず気持ちが落ち込んでいます。

定期的に電話がありますが、
なかなか動きません。

さらに子供と話していると、
元の担当者が言うには、
次回は他社で契約された方がいいですよと言われたらしい。
事故で保険を使うと次回から保険料が上がるので、
うちで継続すると損ですよと言われたとか・・。

それは違うのではないかと思ったので、
早速いま担当している方に確認します。
するとやはりどこで契約しても、
情報が通じているので事故による保険料アップは同じらしい。

過失割合の件といい、この件といい、
完全に会社の利益に反する行動をとっている元担当者。
再教育が絶対必要と思いますよといっておきました。
実際これだけこじれているのも、すべて元担当者の責任ですからね。


いずれにしろ向こうのおばあさんが、
一旦 2:8 といわれたのに 8:2 になるというのを了解しないとならない。
頭ではわかっていても、
感情的に拒否するというのもわからないではないです。


ところが、
次に電話がかかってきたときの話に驚きました。
「そろそろ話がまとまりそうです。
向こうの車に車両保険をつけようという話になっています。
その負担金を支払ってもらえるように話をしています。」

闇の世界を感じたので、
そのことは自分には関係ないので何とも言わず、
初めての事故をした子供の心の負担を訴えて、
早く解決することと最低でも 8:2 になるようにだけお願いしました。


続く・・・










スポンサーサイト



MOVE | 09:43:49 | Trackback(0) | Comments(2)
接触事故6
接触事故シリーズは愚痴みたいな申し訳ない記事です。
クーペの記事を期待されている方は読まないでください。



やっと正しいスタート地点に立つことができました。
保険の担当者もかわって、話も通じるようになってよかったです。

また、約束の時間きっちりに電話がありました。
向こうの保険屋さんに事情を理解してもらえたということでした。
が、事故当事者の相手のおばあさんが
過失割合の変更をわかってもらえず、
話が進まないということでした。

後ろを見ていなかったという前回の話については、
バックカメラのモニターをぶつかった瞬間は見ていたということだったので、
問題はない旨主張しておきました。

というわけで、
これ以上話は進まずしばらく時間が欲しいということで
再度電話を2週間後にするということです。
説得に2週間かかるということでしょうか?


2週間がたちました。
まだ、おばあさんを説得できていないということです。

それから過失割合についてどう考えているのか聞かれました。
まあ基本が 8:2 で、向こうが無理に追い越すからぶつかったので、
10:0 でもいいのかなと思っている旨伝えました。


また、2週間がたちました。
まだ、おばあさんを説得できていないということです。
話はそれだけで終わりました。


また2週間がたちました。
まだおばあさんを説得できていないのだけれど、
過失割合を 5:5 では無理でしょうかという話をしてきました。

駐車場内の事故は特殊で、
双方が徐行しているという前提があるので、
どんな形であれ事故が起こると 5:5 の時代もあったようです。
ま、今そんな時代ではないので最悪でも 8:2 を譲れませんでした。


続く・・・














MOVE | 09:59:53 | Trackback(0) | Comments(2)
接触事故5
翌日、予告時刻きっちりに電話がありました。
わかっている人だなあと安心しました。

それで、
まず入庫と出庫のとらえ違いの謝罪から始まるのかと思っていると
全く違いました。

まず、違う判例をはじめに送ってしまったことはそれを基にしたのではなく、
後で送ったものも送るつもりが抜けていたというようなことを言ってきました。
つまり、間違ったとらえ方をしたわけではないと言いたかったのでしょうね。

たぶん事故報告書も送ってきていることが通じていなかったんだと思います。
だから、事故報告書のこと言うと一転、謝罪に変わりました。

次は事故時、後ろを見ていなかったと子供が言っていたということです。
つまり、不注意があったということを言いたいのでしょうね。
それは知らなかったので、後で聞いておくことにしました。

それから、前に担当者から子供に過失割合について電話した時、
はいわかりましたという返事をいただいているといわれました。
最近は書類にハンコをついた時点ではなく、
電話で了解した時点で示談交渉は終わるらしい。
だから保険屋さんからいえば、この事故は終わった事故らしいです。

これは始めに入庫出庫のとらえ違いをしていたということがあるので、
やり直ししなければならないのではないか、
また、はいわかりましたは了解ではなく
言われていることの内容はわかったということで、
納得していないから今電話で話をしているのではといっておきました。
勝手に納得したように受け取った担当者にまた責任をかぶせました。

入庫している旨の合図をしているかにアンダーラインをひいてあったので、
そのあたりの確認から始まるかと思っていると、
その話は全くなく、相手の保険屋さんと相談しなければならないのでということで、
また電話するということでこの日は終わりました。

続く・・・







MOVE | 22:51:24 | Trackback(0) | Comments(0)
接触事故4
接触事故シリーズは愚痴みたいな申し訳ない記事です。
クーペの記事を期待されている方は読まないでください。



判例のコピーとともに、
出庫時の事故であるという報告書も加えて送られてきたので、
事故をとらえ間違っていることは明らかとなりました。

担当者に連絡すればいいのかもわかりませんが、
あまりに対応が悪かったので、
上司の男性に連絡します。

担当者と打ち合わせをしたのか、
送った資料が中途半端で追加の資料があるとか、
その時の状況によって、一般的な過失割合は変わりますとか、
言い訳を一通り言って、追加の資料をFAXで送るということでした。

追加の資料とは入庫時の事故の判例です。
なおかつ、入庫をしている旨の合図をしていたかに、
わざわざアンダーラインを引いて、
していないと修正要素になることを強調していました。

資料を見ていただいてからまたお話ししましょう、
また、これからは自分が対応しますということで
翌日電話がありました。

続く・・・












MOVE | 16:41:59 | Trackback(0) | Comments(2)
接触事故3

電話を一方的に切られたので、当然再度電話します。
いまどき送付などという悠長なことをするという時点で、
事の重大さをわかっていないので、
もう相手にしても仕方がないものは切る方向で上司の名前を聞きました。

なぜ上司の名前を聞くのかということでしたが、
対応が悪いからというとしぶしぶ応えました。

さっそくかけなおして上司の男性に
この人でもダメならその上に行くつもりでしたが、
まあまあこの男性は常識人でした。

事故の状況と、話を聞いてくれない、過失割合が理解できないを言って、
郵送するということなのでそれを待つ旨伝えました。
送られてくる資料を基にこちらも対策を練る必要があるので、
まあFAXやメール添付より良かったかもしれませんけどね。

数日後、送られてきた資料はあきれたもので
対策を練るどころではありませんでした。


IMG_2486.jpg

使い古した「判例タイムズ」のコピーを乱暴にとって、
送ってきています。
ふつうはきれいに整理してお客さんに送付すると思いますけどね。

内容は上の状況になっていました。
完全に入庫時と出庫時を取り違えています。

かつ、こちらがバックしていた時にぶつかったので修正-10らしい。
それで 8:2 でこちらが悪いとのことでした。

区画スペースから出るのに何でバックしてるの?とか
頭から突っ込んでたら前がぶつかっているわけないし?とか考えないんですかね?

続く・・・











MOVE | 15:46:18 | Trackback(0) | Comments(0)
接触事故2
常識的に考えていた過失割合と違ったので、
保険担当者に連絡を取ることにしました。

しかし、事前にある程度のことをわかっておかないとだめなので、
ネットの情報を見てみます。




駐車場内で大体同じような状況がこれ。
基本は考えてるのと同じ 8 が向こうでこちらは 2 です。
修正入れても 7:3 か 6:4
「判例タイムズ」という資料の出どころも書いてあったので間違いはないでしょう。

で、損保の担当者に連絡を取りました。

担当者は若い女性で、どういう関係の方ですかと聞いてきました。
車の所有者で、事故当事者の父ですというと
対応しないと仕方ないなあという口ぶりで、
判例通りですからの繰り返しで、
こちらの話を聞く気が全くありません。

弁護士事務所のネットで調べるとそんな過失割合ではないというと、
弁護士費用保障特約は付いていませんとか
的外れな返答がくる始末です。

判例通りなので、資料を送りますといって一方的に電話を切られました。
こんな対応をされ、久しぶりに怒りに体が震えました。

続く・・・










MOVE | 18:51:18 | Trackback(0) | Comments(0)
接触事故1
駐車場内でバックで区画に入れようとしたところ、
後ろから来て横をすり抜けようとした車の左側面と、
自車の右前が接触したらしい。

幸い誰のけがもなく、物損となりました。

何事も経験なので、保険屋との話も自分でするよう任せました。
こちらの損傷は下記のよう。
で、修理屋の見積もりは22万円。
だけど、向こうの保険屋が値切って修理代は17万。
だけど、全損で14万。
どんどん評価額が下がります・・。
後は過失割合がどうかですね。




凹みはないようですが擦れてます。





IMG_2296.jpg

ライトの位置が少しずれています。
固定部分が歪んでいるのでしょうね。





IMG_2297.jpg

おされてセンタ-グリルもずれています。
固定ピンが飛んでいます。




8:2で解決したということです。
もちろんこちらの非が2と思っていたら逆らしい。
というわけで、損保の担当者に直接聞くことにしました。

続く・・・











MOVE | 21:54:45 | Trackback(0) | Comments(2)
カローラのホイールカバー
ホイールカバーを擦ってしまったということです。
プラなのでプラ用のパテがいいのでしょうけど、
以前ノアのバンパー修理の時に買っていたものを見ると使えない状態。
素人は使う機会がまれですからそうなってしまいます。

なので、ボディ用のパテでやっちゃいました。



あとは塗装ですが、
缶スプレーのプラサフ、これ便利。
で、上塗りはクーペのシルバーの残りが色を合わせると違和感なしだったので、
安く上がりました。









未分類 | 20:05:11 | Trackback(0) | Comments(0)
点火系かな 2


直ったかどうか、30分をめどとしてエンストするかどうかで見極めることができるという
ちょっと時間のかかる事でしたが、原因がわからず預かることになりました。

さっそく翌日したことは、
1 接触不良の解消
  いろいろなコネクターを磨くだけでなく接点復活材を使用
2 プラグの交換
  手持ちの新品に交換
3 ポンプの電圧
  まあ関係ないと思うけど
4 デスビの確認
  点火時期の調整を兼ねて

以上では変わらず、何の前触れもなく相変わらず突然エンストします。
あるときは再始動もできなくなりました。

もう一度、電気系をたどってみていくとデスビしかないというか、
デスビについているイグナイタユニットこれは正体不明で手つかずになっています。
下の写真のデスビについている四角いものですね。



 

手元にデスビのバラバラ経験の残骸があったので、
それと付け替えてみました。
すると快調(^^

エンストしないで走行も含め35分OK。
というわけで、なんとか原因がわかってよかったよかった。

もう数か月になりますが調子が良いということで安心しています。





他クーペ関連 | 20:47:54 | Trackback(0) | Comments(3)
点火系かな、1


キャリアカーにて到着されました。
突然エンジンが止まるということです。
実際アイドリングさせていると30分以内に勝手にエンストします。
こんな症状は初めてで、またいつエンストするのか
エンストのきっかけが何もないということで困りました。

燃料系はすっーと回転が落ちるようにとまるので、
燃料系ではないです。
一応燃料パイプを触ってみましたが、燃圧は十分ありました。
またエンジンがかかっているときは十分ふけあがります。

ということは電気系になるんですが、
一気筒死んだくらいでエンストにはならないので、
電気系が全滅になるところつまりデスビ以前の部分が怪しいですね。

つまり、コントロールユニットをはじめとして、
エアフロ、コイル、デスビ、リレー関係、接点不良などなど
Eですから大変。

いっぺんにやるとどこが原因だったのかがわからなくなるので、
(直ればいいという人もあるかもしれませんが原因を知りたいので)
少しずつやっていきますが、
30分が一つのヤマみたいなので少しやってはエンジンをかけて・・・。

まず、手軽な接点不良の解消ですね。
抜いてさすだけでもよくなるかもしれませんが、
一応いろいろな端子を磨きました。
でもダメ。

Eはあと正常な部品と交換してみるのが手軽な方法。
コントロールユニット・・・ダメ
コイル・・・ダメ

これより以前にデスビが不調で走行不良だったのが、
デスビを最近交換して調子よくなったということでした。
だからデスビはOK?

で、原因がわからないまま預かることになってしまいました。
手前のクーペが代車となってお帰りになりました。

続く・・・






他クーペ関連 | 22:55:41 | Trackback(0) | Comments(2)