FC2ブログ
 
■プロフィール

keiji117

Author:keiji117
そろそろHMをいじろうかな・・・。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■FC2カウンター

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
XG 41 左ボディ下部4
IMG_4347-2.jpg

錆止めをしたのでアッパーパネルの貼り付けです。
できるだけ一枚ものにしようと思ったのですが、
強度的にもあまり意味がないみたいなので、分割します。










IMG_4360-2.jpg

後ろ部分のパネルがやっとできたので、
当ててみました。
まあこんなもんでいいかなと・・。











スポンサーサイト



XG | 18:11:43 | Trackback(0) | Comments(0)
XG 40 左ボディ下部3


フロントフェンダー下部も切り取りました。
折り目部分は、めくってスポット部分は切ります。










IMG_4349-2.jpg

アッパーパネルが現れました。
犠牲電極みたいに錆が集中しています。
切り取って張り替えるしかないですね。










IMG_4350-2.jpg

ドアの隙間から見えていた鉄板消失部分も現れました。










IMG_4352-2.jpg

サビチェンジャーを塗って、一回削った部分です。
中に溜まっていた錆のかけらもかき出しました。
ま、健全ですね。よかった。












XG | 00:52:23 | Trackback(0) | Comments(6)
XG 39 リア部分鉄板完成


最後の一枚ができました。











IMG_4339-2.jpg

なんとか収まったという感じです。

しかし、鉄分が消失しすぎです。
ボンネットの半分位使ってしまいました。
サイドのアッパーパネルが左右分あと必要なので、
ちょうど無くなってしまいそうな感じです。












XG | 23:28:23 | Trackback(0) | Comments(0)
XG 38 左ボディ下部2


一番サビのひどい部分を見てみます。
アッパーパネルをめくってみました。










IMG_4335-2.jpg

スポットで付けてあるだけなので、簡単にめくれます。










IMG_4336-2.jpg

中はサビのかけらが下に落ちていますが、
鉄板自体は全くサビがありません。










IMG_4337-2.jpg

リアフェンダーの下部を切りました。
この部分の前部にはシートベルトの巻き取り部分があったはずなので、
慎重にしました。










IMG_4340-2.jpg

浮き錆を取って、
アッパーパネルをめくります。
スポットは、周りを浮かしサンダーで切りました。










IMG_4342-2.jpg

後ろ半分のアッパーパネルが外せました。
中の鉄板は上部は錆びていますが、大したことはありません。










IMG_4345-2.jpg

サビチェンジャーを使ってみました。
このあとサンダーで削ってサビチェンジャーを塗ってを何回か繰り返して、
鉄板を貼ろうと思います。











XG | 23:04:49 | Trackback(0) | Comments(0)
XG 37 左ボディ下部


助手席側のドアステップは一見マシですが、錆ているのは同じです。










IMG_4326-2.jpg

モールを外すとやはり一面錆です。
この膨らみは錆でパテを押しているので、
切り貼りしないとたぶん・・。












IMG_4328-2.jpg

想像通りでなんとも・・。(^^;












IMG_4331-2.jpg

浮き錆をサンダーで削りました。
結局切り取るしかないのですけどね。











IMG_4329-2.jpg

フロントフェンダーの下部も同じ。
下部を切り取ればステップの延長部分の補修もできるから、
まあいいかと思えるようになってきました。












XG | 18:57:59 | Trackback(0) | Comments(0)
XG 36 サイドステップの錆


サイドステップの状態を確認しました。
端をずらしただけで気分が悪くなってきましたが・・。










IMG_4320-2.jpg

モールを外すと全面的に発錆しています。
普通はクリップ部分だけなんだけど・・。











IMG_4321-2.jpg

ビスの2本は外さなくても良かったというか
裏に錆の塊がついてステンレスのカバーが外れてきました・・。










IMG_4322-2.jpg

室内側のステンレスカバーも外して、
ドアゴムを外します。
驚く程の錆です。










IMG_4323-2.jpg

少しこするだけで穴がしっかり空きました。
これ、どうやって修復するんですかね?










IMG_4324-2.jpg

助手席側はどうかなと思って外しかけましたが、
ドアの脇からフロントフェンダーの隙間が見えてしまいました。
穴があいて、あるべき鉄板がありません・・・。
ドアの錆も酷そうです・・。










XG | 21:50:27 | Trackback(0) | Comments(4)
XG 35 リアサイドの上部パッチ


一番の大物を貼り付けました。
あとは底部を残すだけになり、終わった感があります。

鉄板を曲げていると手が動かなくなってくるので、
程々にしとかないといけませんね。

つまり、こればっかりするのではなく、
ほかの作業と並行してやっていくことが大事だと思います。

次の予定は各モールを外すことと、
膨らみ部分のサビの検証です。
あと内装ではメータパネルの取り付けですね。












XG | 14:18:32 | Trackback(0) | Comments(0)
XG 34 リアサイドパッチ調整
IMG_4315-2.jpg

あと1枚でパッチ当ては終わりにしようと思ったんですが、
1枚では大きすぎて、細部の調整がしんどいので2枚にすることにしました。
もう一息調整が必要ですね・・。












IMG_4317-2.jpg

真下になる部分をもう一枚作る予定です。












XG | 19:45:25 | Trackback(0) | Comments(2)
XG 33 リアパッチ完成


リアの残り部分の作成です。
少し形を作りやすくしてからと思いましたが、そのまま作ってしまいました。

何回も修正をして形が整ってくると、
すっと入るようにうなってきます。












IMG_4313-2.jpg

これが、大体の完成形。











IMG_4314-2.jpg

貼り付けました。












XG | 23:40:25 | Trackback(0) | Comments(0)
XG 32 トランクオープナー
IMG_4305-2.jpg

トランクオープナーの配線が新たにひかれています。
赤丸が純正の配線。
緑丸がオープナーの端子。
青丸が新たに引かれた配線の室内に入る部分。
となっています。













IMG_4306-2.jpg

で、気がついたのがグローブボックス部分のスイッチです。
これ、子供を乗せたりするといつの間にか切られていたりするんです。
で、しっかりスイッチはOFFになっていました・・。













XG | 19:52:37 | Trackback(0) | Comments(2)
XG 31 リアパッチ貼り付け


リアのパッチがまあまあ出来たので、奥の錆止めのあと貼り付けました。
この左の部分の形を整えたほうがいいみたいです。
あとは、この左の部分と、左サイドの下部分の2分割で貼り付ければいいかなと思っていますが・・。











XG | 19:53:40 | Trackback(0) | Comments(0)
XG 30 錆止め


鉄板を貼り付けると手が届かなくなる部分を中心に錆止めを塗りました。
以前使った錆封じは浸透性などは良かったんですがパテつきが悪く、
XC-Lは錆封じを塗った部分のパテ部分からクラックが入ってきています。
それで、webで調べたところこのエポローバルが目にとまりました。










IMG_4303-2.jpg

実際塗ってみると錆封じとは全く違います。
濃い塗料という感じなので、
パテ付きはどうなのかちょっと心配だけど、
やってみるしかないかな・・・。












XG | 21:11:44 | Trackback(0) | Comments(2)