FC2ブログ
 
■プロフィール

keiji117

Author:keiji117
そろそろHMをいじろうかな・・・。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■FC2カウンター

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
XG 7 パッチの作成2


ボックス部分も錆びて朽ちているので、当て物を作らないといけません。
周囲が必要なのでちょっと考えました。










IMG_4153-2.jpg

これを曲げて底部分だけ元のものを活かそうかと思っています。












スポンサーサイト



XG | 23:53:52 | Trackback(0) | Comments(0)
XG 6 パッチの作成


切り取った部分のパッチを作成します。
パネルボンドで貼り付けるので、糊代が必要です。
前に使ったルーフは、蜂の巣が近くにあるみたいだったので、
急遽、ボンネットの古いものから切り取ることにしました。
このボンネットは先端が錆でグサグサですが手前は全くのOK。










IMG_4151-2.jpg

これもサンダーで一気にいってしまいました。
あと細かい部分は、板金バサミで切ります。













XG | 00:57:46 | Trackback(0) | Comments(2)
XG 5 リアリフレクタ左
IMG_4134-2.jpg

右だけ錆びているはずはないのであって、左はこの状態。
右より幾分マシに見えますが、
これだけ錆びてたら同じです。










IMG_4135-2.jpg

すぐに切り取りました。
しかし、こちらは少し問題が・・・。












IMG_4136-2.jpg

リアランプ周辺まで逝ってしまっています。













XG | 20:57:01 | Trackback(0) | Comments(4)
XG 4 リアリフレクタ右 2


大体の錆を落としました。
周囲はほとんどパテだけで、穴だらけになりました。(^^;

切る部分にマジックで印を入れました。










IMG_4131-2.jpg

一気にサンダーでいってしまいました。











IMG_4132-2.jpg

トランクの中が丸見えになってしまいました・・・。










IMG_4133-2.jpg

ボックスの周囲はほぼ錆でした。
これからまず手をいれる必要があるみたいです。











テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク

XG | 19:24:53 | Trackback(0) | Comments(6)
XG 3 リアリフレクタ右
IMG_4126-2.jpg

バンパーを外し、リアリフレクタの周囲の浮きサビを見てみます。
はじめは膨らんでいるしかない状態だったのに、少しつつくと・・・。










IMG_4128-2.jpg

下だけでなく、上も・・・。











IMG_4127-2.jpg

固めたパテがどんどん剥がれ落ちます。
どうすりゃいいの・・・?











XG | 17:01:09 | Trackback(0) | Comments(4)
XG 2 リアバンパー


リアバンパーを外しました。
ゴム部分がガタガタで一部めくれています。










IMG_4119-2.jpg

めくれた部分に何やら変なものが付いています。
両面テープの残骸みたい。剥がれてきたので両面テープで張り付けていたのかな・・?










IMG_4121-2.jpg

インサートが錆びて原形がありません。










IMG_4122-2.jpg

ゴムの溝に残骸が詰まっています。











IMG_4123-2.jpg

取り除きました。











IMG_4124-2.jpg

インサートを止める10mmのナットですが、外れるはずもなく・・・。










IMG_4125-2.jpg

全部引きちぎる格好で外しました。












XG | 20:02:39 | Trackback(0) | Comments(2)
XG 1 エキマニ遮熱板
さあ、いよいよ54年式XGに取り掛かります。
この年式のXGは自分の憧れでした。
目の前にあるのは手がかかりそうですが、出来るだけ憧れに近づけたいと思います。
まずはエキマニの遮熱板から。


IMG_4078-2.jpg

エキマニの遮熱板がガタついています。
ボルト留め部分が錆びて切れてしまったようです。







IMG_4079-2.jpg

針金でくくってあります。
想像できない仕業ですね。







IMG_4081-2.jpg

このボルト部分はエポキシ系を塗って、はがれたような感じです。
何を考えてんだか?
はがれているからいいけど、
かっちり固定できたとしたらどうするのかな?







IMG_4085-2.jpg

水回りを外さないとカバーが外れません。






IMG_4097-2.jpg

少しだけきれいにします。
錆びてぼこぼこなので少しは平らになるようにしました。
ボルトが通る部分は穴が大きくなってしまっていたので、
適当なワッシャーを張り付けました。






IMG_4098-2.jpg

あと耐熱塗装をします。
シルバーが手元にありました。
マフラーを塗った残りです。








IMG_4110-2.jpg

ボルト止めできました。






IMG_4111-2.jpg

水回りを固定するためパッキンを製作します。
小さなものなので、切れ端で十分ですね。







IMG_4112-2.jpg

肝心の真ん中の穴をあけるのを忘れていました。






IMG_4114-2.jpg

で、組みあがりました。
少しだけ見た目よくなりました。
よかった。








XG | 00:42:15 | Trackback(0) | Comments(6)