FC2ブログ
 
■プロフィール

keiji117

Author:keiji117
そろそろHMをいじろうかな・・・。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■FC2カウンター

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
EC 6  ラジエター


 ラジエターを外して、ゆすごうと思います。
 それでアッパーホースを外すとサーモスタットハウジングに砂のようなものが溜まっていました。
 これ、漏れ止め剤のなれの果てなんですよね。
 あれだけエンジン内部を水で洗浄したのに、まだまだのようです。








IMG_2615-2.jpg

 ラジエターを外してゆすぐと、やはり相当な汚れが出てきました。









IMG_2616-2.jpg

 初め下から出るよりあふれ出るほうが多かったのですが、そのうちあふれ出なくなりました。
 水の通りがよくなったようです。







IMG_2618-2.jpg

 それで、ラジエターを装着してエンジンを始動させていたのですが、やはりうるさくて近所迷惑。
 マフラーの手当てを先にすることにしました。
 エキマニの先でもれていることがわかっているので、
 エキマニから外すことにします。








IMG_2619-2.jpg

 ヒーター関係とアッパーホースを外しました。
 








IMG_2621-2.jpg

 冷却関係を外しました。










IMG_2623-2.jpg

 青丸が漏れ部分で、赤丸が抜くことができたボルト穴です。
 折れるとばかり思っていたボルトが抜けて逆に驚きました。






 
IMG_2627-2.jpg

 その反対側のボルトは折れずに頭が滑りました。
 これは、サンダーで頭を飛ばすことにします。









スポンサーサイト



EC | 23:50:00 | Trackback(0) | Comments(12)
EC 5 冷却系


 プーリーの取付ですが、押さえのブロックが0.5mmほど浮いてしまいます。
 なので、間にワッシャーをかますことにしました。あとでやり直す羽目になるんですけど・・・。







IMG_2600-2.jpg

 オルタも取りつき、ファンベルトを張ることができました。







IMG_2601-2.jpg

 で、エンジン始動です。
 冷却水の回りを見るため、サーモスタットは入れていません。
 アッパーホースが熱くなってきたので、循環はしているようです。








IMG_2602-2.jpg

 しかし、冷却能力が少し不安です。100度近くまで上がりました。
 ファンカバーをまだ付けていないということもあるかもしれませんが・・・。
 タコメーターが動かないこともわかりました。









IMG_2603-2.jpg

 冷却能力の心配もあるのですが、
 よく見るとウォータポンプのファンベルトの位置が少しエンジン寄りになっているようです。








IMG_2607-2.jpg

こちらはクランクシャフト部分。
少し、ウォータポンプのプーリーを前に出す必要があるみたいです。








IMG_2612-2.jpg

庭のモッコウバラが満開です。これがプリムローズイエローというらしいです。
クーペの色はもっと淡い感じがします。









EC | 19:08:57 | Trackback(0) | Comments(9)
EC 4 ウォーターポンプ取付
IMG_2586-2.jpg

日産車に同じようなバンジョーボルトが使われているということをWEBで知ったので、
今日は日産のチューンショップに行こうと思っていました。
しかし、よく考えるとG200Wのエンジンに用いられているかもということで、
ガレージのエンジンを見ると、それどころかロアホースもそのバンドも残っていました。ラッキー。









IMG_2587-2.jpg

角目になるとボルトはほとんど折れません。
これも見た目大丈夫かなと思いましたが、あっさり外れました。
角目はラジエターが2cmほど前に動いていますので、
その関係からか高ナットが間に挟まれていました。








IMG_2589-2.jpg

で、バンジョーボルトは手に入りました。というか家にありました。
頭は19mmから21mmになりますが、ピッチは同じで長さもほとんど同じようです。







IMG_2591-2.jpg

ウォーターポンプの取付ボルトを通す部分ですが、
高さが違っていました。
新品はなぜか少しくぼんでいます。
ワッシャーを2枚挟みこんで底つきを防ぎました。









IMG_2590-2.jpg

液体ガスケットは使っていたものをみると、固まってしまっています。
あまり使わないですからねえ・・・。
というわけで、やっといすゞでもらった物の出番です。
このスリーボンドのものは、
いすゞが工場の統合で移転するときにくれたものです。ありがたや。
まあ、それだけ投資しているということですが。











IMG_2592-2.jpg

付きました。





IMG_2593-2.jpg

バンジョーボルトもきっちりつきました。







IMG_2595-2.jpg

で、喜んでLLCを入れたのですが、
エンジンのドレーンプラグを入れておくのを忘れてしまっていました・・・。(^^;



ついでに、
IEをこれまで使っていて、
記事を書いている途中に強制終了され、
それまで書いたものがご破算になるということで
ブログの継続が辛くなりかけていたのですが、
今回からMozillaに変えたところ、無茶苦茶快適になりました。
お困りの方がおられたらMozillaをぜひお勧めします。











EC | 16:22:43 | Trackback(0) | Comments(2)
EC 3 ウォーターライン洗浄


 ラジエターのロアホースにつながる部分が詰まっています。






IMG_2585-2.jpg

 これはヒーターホース側。ここも詰まっています。
 しかし、古代の発掘品のような感じですね。






IMG_2579-2.jpg

 取り付け部分をきれいにしました。
 ウォーターラインも水圧洗浄しました。








IMG_2578-2.jpg

 バンジョーボルトのサイズがM16ピッチ1.5長さ30mmぐらいとわかりました。
 HCではM16だとピッチが2.0になるようです。








EC | 21:12:17 | Trackback(0) | Comments(6)
EC 2 ウォーターポンプ
IMG_2556-2.jpg

ラジエターのロアホースは取付金具部分で穴が開いていました。
それで、冷却水が漏れていたので漏れ止め剤を入れていたみたいです。
ロアホース部分におがくずのようなものがたまっていました。







IMG_2557-2.jpg

サーモスタットハウジングは手をいれてあるようで、ボルトがきれいです。
しかし、開けてみるとサーモスタットがないし、そこに白い粉状のものがたまっていました。







IMG_2549-2.jpg

バンジョーボルトが回ってくれて、なんとかポンプが外れそうになりました。
ウォータージャケットの錆は大丈夫かな・・・。








IMG_2550-2.jpg

同じとみてよさそうです。







IMG_2551-2.jpg

バンジョーボルトは回って緩んでくれたと思っていたら、折れていたのでした。









EC | 23:49:28 | Trackback(0) | Comments(4)
EC 1  ECがやってきた


ECがやってきました。
個人のモータースがもっておられたものです。
なかなか思うようにいかないということで、譲っていただけました。
プロの方が思うようにいかないのに、
走れるようになるのかなという感じですが、
まあゆっくりと何とかしたいと思います。

まずは水回りです。
冷却水が循環しないということです。
ポンプから異音がしたので、
ポンプの問題だと思うということですが、
単純にポンプを交換できればプロなのでそうしているはず。
たぶん落とし穴があるのでしょうね。

まずファンカバーを外しました。







IMG_2544-2.jpg

つぎにファンを外して、オルタの位置をずらします。






IMG_2545-2.jpg

すると、
見るからに手ごわそうなロアホースとヒーターのバンジョーボルトが見えました。






IMG_2546-2.jpg

こんなの緩むわけがないのでしょうけど、
一応緩めようとすると、
すぐに頭が折れました。








IMG_2547-2.jpg

で、仕方なく鉄ノコで切ることにします。
結構あっさり切れたので、
よかった。






IMG_2548-2.jpg

ロアホースはこれで外すことが出来ました。









EC | 22:45:17 | Trackback(0) | Comments(9)
XC-L 138 アルミホイール


走るには関係ないのですが、見た目に重要なのが足元です。
XC-Lは角目後期の13インチの純正ホイールが付いています。タイヤも新品同様。
なので、これをそのまま使いたいわけですが、見た目がもひとつです。
とくに裏側はこんなになっています。
そこで、ワイヤブラシで磨いてみたのが一部の光っている部分です。
これだけ光らすのに5分かかったということは、4個完成するには20時間ぐらいかかる計算です。(^^;









IMG_2532-2.jpg

それで、カップワイヤーなど機械の力を借りてしまおうかとも考えるわけですが、
ワイヤーブラシでもいいのか悪いのか、荒っぽすぎるような気もするので、
躊躇しています。
経験のある方アドバイスいただけないでしょうか?









XC-L | 08:28:44 | Trackback(0) | Comments(8)
謎のパッド、試用終了。
IMG_2530-2.jpg

右が純正で、左が謎パッドです。
ホイールがよごれなかったのでメタルは入っていないようです。
では、感想です。
1 鳴きはありません。
2 利きはしっとりとしていて、安心して踏めます。
3 わざと思いっきり踏んでみると、タイヤロックしました。
4 ホイールは汚れません。

ハードな走りの感想は後の方々に譲ることにして、
日常使用についてコメントしました。
価格について考えてみると、
自分なら、純正品の2割増しぐらいまでならこちらを選びたいと思いました。







 
IMG_2531-2.jpg

ブレーキディスクへの攻撃性はわかりません。
次はハッピーリバーさんよろしくどうぞ。







他クーペ関連 | 22:26:05 | Trackback(0) | Comments(0)