FC2ブログ
 
■プロフィール

keiji117

Author:keiji117
そろそろHMをいじろうかな・・・。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■FC2カウンター

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
何やってんだか・・。土間コンのはつり。


 土留めブロックと土間コンの間を30cmとっていました。屋根を付ける際に足を立てるためです。
しかし、よく考えるとその下に雨水の排水管を通していたし、カーポートを立ててもらう話を業者とすると、30cmではとても足りないということでした。というわけで、せっかく敷いた土間コンをはつり、雨水管を迂回させることにしました。まずはつる部分を決め、切りを入れました。ダイヤモンドディスクはよく切れて、カステラを切る感じで気持ちいいです。(^^







IMG_2149-2.jpg

 電気ハンマーを買おうかと思いましたが、大した面積でないので、通常のハンマーを買いました。初めびくともしなかったのでどうしようかと思いましたが、何回か打つと崩れてきました。よかった。
ワイヤーがとれると、コンクリも崩れやすくなり、一気に土だけに持っていけます。







IMG_2150-2.jpg

 土になればやっとスコップで掘ることができます。穴の周囲を掘っていきます。





IMG_2151-2.jpg

 大体掘ることができました。後は配管予定の細かい部分を掘り進めます。







IMG_2155-1_20091122225927.jpg

 で、やっと配管のしなおしができました。これを4セットします・・・。丸2日かかりました。ふ~。









スポンサーサイト



ガレージ作り | 23:25:27 | Trackback(0) | Comments(11)
is訪問5
IMG_2139-1.jpg

 isでクーペのレストアをされている現場です。女の人も同じつなぎを着ておられました。皆さん愛想がよくて、また物が整理整頓されているのですごいなあと思います。いつもこうなのか我々が行くというので整理されたのか?







IMG_2135-1.jpg

 広々とした中にレストア中のクーペがありました。これは少し遊び心で、ブラックボディにXELのタンの革シートを取り付けるとのことでした。工場横にはその革の内装を提供した部品取りがありました。






IMG_2120-1_20091115205527.jpg

 エンジンは赤のヘッドを載せるということですからPA96です。車台番号を自分のものより100番くらい若かっただけなので54年式です。リアワイパーのタンクに通じるトランク隅の穴もありませんでした。まあ、展示されていたものとは全く方向性を変えて、年式がどうだとか関係なくいいものの寄せ集めで一台を作るということのようです。エアコンはマニュアルで、フロントガラスも強化だったので、もとはXGなのかなと思います。別に革シートにしなくてもいいのにとは思いますが・・・。








IMG_2128-1_20091115205527.jpg

 これから取り付けられるパーツが整理されて棚に置いてありました。下に段ボールを敷いてあったのは真似しようと思いました。





  

他クーペ関連 | 21:50:08 | Trackback(0) | Comments(2)
is訪問4
IMG_2086-1.jpg

 販売車の展示部分に並べさせていただきました。昔はこんなふうにクーペを並べている中古車屋さんもきっとあったことでしょうね。






IMG_2087-1.jpg

 isの工場に移動します。途中のSAでハッピーリバーさんのHMに水の補給です。相当がぶのみだったので心配でしたが、家に無事帰ることができたということでほっとしています。






IMG_2101-1.jpg

 高速での移動の後、IC出口にて再度がぶ飲みさせています。ここでUさんのHMのタイヤにも異変があったようです。空気が抜けていたんですが、原因はゴムバルブの根元の亀裂でした。






 


他クーペ関連 | 21:15:44 | Trackback(0) | Comments(0)
is訪問3
IMG_2038-1.jpg

 ウッドの物にハンドルとノブが交換されています。ウレタンのステアリングは傷んでしまったんでしょうか・・・。フロントガラスの上に53年式のカタログが広げてありました。






IMG_2062-1.jpg

 R8です。走っているところを一度見たことがあって、早速WEBで調べてみたのがこれでした。こんなにじっくりと見ることができて、よかったです。






IMG_2067-1.jpg

 背中にV8を積んでいます。人のスペースが少ないですね。






IMG_2064-1.jpg

 価格は大台を超えていますが、定価はこの2倍近いです。乗れる人がうらやましいです。







他クーペ関連 | 22:24:27 | Trackback(0) | Comments(4)
is訪問2
IMG_2075-1.jpg

 リアのスポット溶接跡です。新車と同じですね。






IMG_2078-1.jpg

 このシールは後で貼ってある感じでした。聞いてみたんですが、やはりマスキングで塗装ということではないらしいです。シールを製作したとか何とか、はっきり教えてくれませんでした。再生産したのなら買いますとまで言ったのですが・・。






IMG_2077-1.jpg

 これも少しかすれていますが残っています。ガラスを掃除すると消えてしまうものですから、自分は貴重だと思います。これも欲しいところです。




 

他クーペ関連 | 21:19:55 | Trackback(0) | Comments(4)
is訪問1


 出発時は雨天でしたが、途中から晴れてきました。雲が切れるのがわかりました。






IMG_2003-1_20091115204605.jpg

 福山東ICで待ち合わせです。実は寝坊をしてしまったのですが、20分ぐらい前に到着することがでいきました。まだ誰も来られていません。







 
IMG_2008-1.jpg

 ハッピーリバーさんのHMのエンジンの調子が思わしくなく心配でしたが、isに向かって出発です。Uさん、Aさんが先導されています。






IMG_2009-1_20091115204605.jpg

 さて、目当ての53年式XGは驚くほど新品でした。リアのこの部分を見れば、全部がわかるといってもいいと思います。リフレクター周囲の鉄板、バンパーの黒さ、新品としか言えません。





 
IMG_2014-1.jpg

 リアの足回りです。






IMG_2020-1_20091115204734.jpg

 フロント足回り、笑ってしまうしかないですね。







 では次に、「あらさがし」というわけではないのですが、気になった部分です。
 商品車なのでアップしてもいいですよね。


IMG_2011-1.jpg

 リアのボディ部分でパテ研ぎの甘い部分。




 

IMG_2037-1_20091115204733.jpg

 シートベルトのコ-ションラベルの汚れ。それからステップのモールの両端につくはずのゴム片がありません。






IMG_2059-1.jpg

 タイヤの組みがずれています。






IMG_2022-1.jpg

 色がもっと濃いのでは・・。






IMG_2040-1_20091115204901.jpg

 Kの文字部分がかすれています。





 
IMG_2049-1.jpg

 ゴムが縮んでいなくて驚きですが、サーベルラインの端がボディから浮いてしまってます。






IMG_2048-1.jpg

 右はしっかりついています。






IMG_2053-1.jpg

 8mmのボルトの山に普通は4の数字があるはず。






IMG_2055-1.jpg

 エンジンルームの前につくゴムはこのような形ではないはず。また、ボンネットステーの土台のゴムがシルバーに塗られてしまっていました。
 しかし、ボンネット先端のモールの取り付けが、ビス止めになっているものがほとんどの中、しっかりボタン型の純正になっていました。驚き。



 つぎは驚きの部分をアップします。


IMG_2024-1_20091115204734.jpg

 エンジンルームの光り具合、オイル汚れなど一切ありません。





IMG_2054-1.jpg

 燃料ポンプリレーとスタータリレー。どちらも新品みたいです。





 
IMG_2045-1.jpg

 運転席側のアウターハンドル。再メッキです。やってくれるところがあるんですね。





 
IMG_2043-1.jpg

 センターコンソールの蓋ですが、マークも銀ピカなら蓋のツメもきっちりとなっていました。どうレストアするのかなと思います。


 つづく。




他クーペ関連 | 21:50:04 | Trackback(0) | Comments(4)
フロントディスクパッド交換


 金属のかすれるような音が聞こえます。たぶんフロントからです。以前にブレーキオイルを足したことがあるので、ディスクパッドのウェアインジケーターの音しかないと思って点検しました。





IMG_1998-2.jpg

 右側の内側のパッドのインジケータに、こすれた跡がありました。







IMG_1999-2.jpg

 交換するパッドは曙ブレーキのもので、純正同等品です。いすゞ純正だとパッドだけでなくステンレスの小物やブレーキグリスが付いてきます。が、これはそういうものは付いてきません。







IMG_2000-2.jpg

 シリンダーの押し込み道具はKTCをもっています。簡単、確実に押し込めます。マスタシリンダーのブレーキオイルの量に気をつけながら押し戻しました。
 自分でクーペをいじりだしたきっかけは、ディーラーでパッド交換をしたときにブレーキオイルをエンジンルームにこぼされてしまったことです。もう28年も前のことですが、いまだにその時のことを覚えています。(^^;







XC | 19:32:29 | Trackback(0) | Comments(9)