FC2ブログ
 
■プロフィール

keiji117

Author:keiji117
そろそろHMをいじろうかな・・・。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■FC2カウンター

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ステアリングの補修2

 ステアリングを一部洗ってみました。白木のように色が脱色されます。汚れだけでなく、着色されている色も落ちている感じです。

 それから、木部の周囲を見ると一箇所だけ楔のようなものがありました。
どれでもあるのでしょうか?


 
 同じステアリングをお持ちの方、確認お願いします。



スポンサーサイト



他クーペ関連 | 19:33:09 | Trackback(0) | Comments(9)
雨ざらしは何でも傷みます

庭にある木製の机といすが一体となったベンチですが、雨ざらしで釘の刺さっている部分を中心にして木部が腐ってきました。それで木材を買ってきて修理しました。

つぎはぎです。これでもう少しもちそうです。
塗装すべきなのでしょうが、いまさら・・・という感じですね。(^^
きのう、今日とクーペに関わらずじまいでした。
はやく暖かくなって欲しいものです。



車以外の修理 | 20:51:51 | Trackback(0) | Comments(6)
門灯修理

 門灯が点かなくなってしまい、玉切れだとばかり思っていました。だから年末、新品を買ってきて、古いものをついでに店に捨ててきて取り替えてみたのでした。
 しかし、交換後点灯しても点かず、本体を分解するはめになりました(^^;
古い電球も捨てなければ良かった・・・。

導通などを少し調べた結果、白い四角いものが怪しくて、パーツ番号をWebで検索すると、電子スタータということがわかりました。
さっそく近くの電気店に注文した結果、先週入荷したということです。
1890円と結構高価でしたが、交換して修理完了したのでよしとしましょう。(^^v
交換しても点かなかったら目もあてられないところ・・・。



車以外の修理 | 17:07:07 | Trackback(0) | Comments(4)
オイル交換を簡単に済まそうとすると・・・。

 giugiと白のクーペのオイル交換は、しばらくトヨタのオイル会員に入ってコーヒーを飲みながらやってもらっていました。しかし、オイルキープの残がなくなり、また転勤に伴い生活圏もかわって、いまは自分でするようになっています。
 ちゃっちゃと済まそうとしましたが、「なんじゃこりゃー」というものを発見してしまいました。油圧警告ランプスイッチの配線がダラーンとなっています。配線のメス部分が折れていました。

本来ゴムキャップで隠れる部分が折れてしまい、ゴムキャップがダラーンと垂れているのでした。
オイルエレメント交換のときに偶然発見。
京都のOさんにもらったエンジンからパーツを取ってきて付け替えました。



他クーペ関連 | 22:42:44 | Trackback(0) | Comments(8)
ステアリング補修

 寒さに恐れをなし、今日は室内作業です。
 ステアリングの木部が分解しそうになっているので、まず木工用のボンドで固めました。あとは汚れをとってヤスリがけ、ニス塗りと思っていますが、それでいいでしょうか。補修方法ご存知の方がありましたらアドバイスよろしくお願いいたします。

ホーンのプラ部分にひびが入っていたのですが、外してみたところ裏の金属の当て方が少し変でした。

ねじ穴をずらして多分下のようにするのが正解でしょうね。

うまく金属部分の支えが当たっていなかったので、プラ部分に余計な負担がかかったのかもしれません。



他クーペ関連 | 18:28:47 | Trackback(0) | Comments(7)
溶接練習

 新年のお年玉セールで買ったほうが良かったかもしれないんだけれど、年末に半自動溶接機を買ったので、練習しました。

 すでに持っていたものと比べるとアークが簡単に出ます。しかし、鉄板が溶けず、ワイヤーだけが固まってしまうようなときもありますので、電圧とワイヤーの送り出しのスピードの調整は非常に大切なんでしょうねきっと・・・。はっきり言ってまだよくわからないです。(^^;

 点付けの練習。

 上の溶接部分の裏です。



他クーペ関連 | 22:21:57 | Trackback(0) | Comments(6)
ミッションオイル確認

 白のクーペの車検を昨年末に取ったわけですが、ミッションオイルについて手付かずでした。
 車検そのものには関係ないのだけれど、giugiのミッションをオイル不足で壊した経緯もあるので、確認しようとミッション横のフィラーボルトを緩めようとまではしました。しかしメガネでは緩んでくれませんでした。それどころかメガネを足で蹴ったところボルトを舐めかけてしまいました。(^^;
 24mmのソケットは持っているには持っているのですが1/2インチで、3/8インチのスピンナーを使うには変換が必要で、それを仲介させると長くなりすぎてスペース的にボルトにかけられません。また1/2インチのスピンナーはメガネよりも短いです。
 それで、昨年末の車検の帰り道、ストレートによって3/8インチで24mmのソケットコマを買ってきました。それもボルトがなめかけているので6角のものを探しました。

 スピンナーはミラーツールの上等品。これを使って緩まなかったものはこれまでありません。
長さも22mm24mmのメガネよりも少し長いです。
 ジャッキアップして、渾身の力をこめるとスピンナーがしなるのがわかります。体勢をいろいろ変えたりし、スピンナーを一番力をこめられる角度にしたりして格闘、何とか緩みました。(^^v
 ボルトの根元にゴムリングがあったので、オイルエレメントと同じで締めるときはコマだけ手で持って締めるだけにしました。



他クーペ関連 | 00:10:49 | Trackback(0) | Comments(6)