FC2ブログ
 
■プロフィール

keiji117

Author:keiji117
そろそろHMをいじろうかな・・・。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■FC2カウンター

■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
XC フロントグリルの塗装

IMG_2059.jpg

前に一度塗装したことがりますが、また剥げてきているので塗装します。
モール部分をマスキング。
つや消しの黒。缶スプレー。










IMG_2061_20190614215244c56.jpg

止めているビスも黒でないとね。










IMG_2060_20190614215245d89.jpg

フロントの獅子もマスキングしました。










IMG_2063_20190614215244d58.jpg

いい感じ。
うれしくてすぐに取りつけてしまったので完成写真はなし・・・。











スポンサーサイト



XC | 22:00:56 | Trackback(0) | Comments(4)
XC ステアリングロッドのゴムブーツ
IMG_2037.jpg

何気に足回りを見てみるとこの状態。
エンドのブーツが裂けてます。
さっそく交換することにします。

もちろんここが裂けてるということは最低4か所同じような状態のはず。
中央寄りの2か所は潜っては無理なので、
ロッド全体を車体から外すことにします。











IMG_2043.jpg

まずエンド部分。
工具をかけてサイドを引っぱたたくとカーンと外れます。
結構堅かった。










IMG_2044.jpg

外れました。









IMG_2045.jpg

下が古いもの。
上の二つは、純正品と汎用品。
純正品のほうは蛇腹が2つでしっかりしています。
汎用品は蛇腹が1つで柔い感じです。

純正は2個しか手元になかったので、
中の2か所を純正にして、外側の2か所は汎用品にします。










IMG_2046_20190611204239363.jpg

同じようにして4か所外したものがこれ。
今つながっている部分が同じブーツです。












IMG_2048.jpg

これ。










IMG_2051_201906112043272c6.jpg

同じように工具をかけて、
ですが、車体から外れているので固定できず、
作業しにくいです。










IMG_2053_20190611204326d6a.jpg

グリスを付けて新しいブーツにできました。









IMG_2050_20190611204328d1a.jpg

固定しました。
もう1か所同じようにして車体に乗せ、
4か所同じようにすればOKです。

久々に整備らしいことをして充実感を味わいました。
よかった。












続きを読む >>
XC | 21:37:44 | Trackback(0) | Comments(0)
シングル用のエアフロ


もう20年近く前になるがXC-Lの解体パーツをいろいろ譲っていただいた。
ちょっとずつ自分のクーペなどに役に立っている。

今回はエアフロメーターが残存するクーペの役に立った。
動作確認のため、自分のクーペのものと取り換えてみて確認した。

もう40年近く前のクーペを走らせるにはオーナー同士の協力が不可欠。
パーツであれ情報であれ共有してこそ役に立つ。
と思いませんか。











XC | 23:49:29 | Trackback(0) | Comments(1)
フェンダーミラーのベース
IMG_1904.jpg

フェンダーミラーに自分の体がぶつかった拍子に
ベースのプラが割れてしまいました。










IMG_1905.jpg

外すとベースはビス止めされています。
これは自分でやった記憶がありました。
ベースのプラの中央部分のボディにさすところが薄くて割れてなくなってしまい、
そのままだと前部分を中心に回転してしまいボディに傷がつくからです。










IMG_1906.jpg

ボディの裏にあてる部分の穴にホースの切れはしを押し込んで、
回転止めにした後もあります。

で、不思議だったのはベースの中央部分が押されてへこんでいること。
フェンダーミラーに体が当たってここがへこむとは考えられないので、
ミラーのところを見ると取付ボルトの根元が割れていて、
エポキシ樹脂で固められており、
それが大きすぎてはみ出すのでベースがへこむようにたたかれているのでした。
たたかれてもともと中央部分が割れているから、
体がぶつかったくらいで全体が割れてしまったということです。

エポキシで固めた記憶がないし、
整備は全部自分でやっているのでいつこんなことになったのかと考えるに、
リアを追突された時の修理時しかないので、
今さらながらそのやっつけ仕事に怒りがこみ上げました。








IMG_1907.jpg

エポキシを全部取って、
針金で固定しました。










IMG_1909.jpg

割れてないベースに変わりました。
よかったよかった。












XC | 11:06:58 | Trackback(0) | Comments(0)
燃料ポンプのクッションラバー

 クッションのゴムが切れたりひび割れたりしてるので交換することにしました。
ここは錆とかで緩みにくいのはわかっているので、
慎重に慎重に潤滑剤をスプレーするなどしたんですが、結果失敗しました・・・。

IMG_1768.jpg



一番奥のやりにくい部分です。
まず、ドリルで揉もうと思いましたが厚みがあり土台が薄いということで、
食い込んでいきません。










IMG_1772.jpg

で、テスキーで切り取りました。










IMG_1771.jpg










IMG_1774.jpg

小片を作って











IMG_1775.jpg

貼り付けます。











IMG_1773.jpg

他のはなんとか緩めて取れました。











IMG_1770.jpg

残骸。










IMG_1776.jpg

3か所とも交換ができました。











IMG_1777.jpg

今回はテスキー以外で使った工具はこんなもんです。
リカバリーの方法はいろいろあるんですが、
どうするのがベストなのか考えるところが面白いところですね。













XC | 23:54:51 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ